特別定額給付金を装った詐欺メールが再び

引用先:https://kyufukin.soumu.go.jp/ja-JP/

 

5月にコロナ対策として実施された特別定額給付金。その当時も、総務省を装ったフィッシングメールが横行した。今回の手口としては現在、国会で審議されている2度目の特別定額給付金が、あたかも決定した様に偽装し「2回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました」という内容で偽サイトへ誘導するというものだ。メールの差出人は総務省を装っており、「施策の目的」「事業費」「事業の実施主体と経費負担」などをメールに記載し、偽サイトには給付へのフローが事細かに書かれている。偽サイトでは振込先の金融機関の通帳、免許証もしくはパスポートのアップロードが求められる。

 

最近のウェブ登録には同様に本人確認書類のアップロードを求めるケースがあり、それをついた巧妙かつ悪質な手口だと言えるだろう。10月28日時点で、当初の偽サイトは閉鎖したとのことだがURLを変更して転々と活動を続けているとの情報も入ってきている。もし心当たりがある方は、すぐにクレジット会社などに連絡・相談することを強くお勧めする。

RECOMMENDED POSTおすすめ記事

あなたにオススメの記事一覧

INDUSTRY LINKS業種別記事へのリンク

業種別で投稿されている記事をお探しの方はこちらをご利用下さい。